市販育毛剤の評判は?

 

このサイトでは、正しい市販の育毛剤を選ぶための口コミを豊富に用意しています!

 

 

せっかく育毛剤を買うのなら、ハズレなんて選びたくないですよね!!!

 

 

今すぐ育毛剤を確認したい方はこちら


 

育毛剤を使いながら薄毛対策を成功させるためには、育毛剤選びが大切です。

 

 

おすすめの育毛剤と口コミを紹介していきます。

 

 

 

 

このサイトの特徴
1 人気がある育毛剤、おすすめの育毛剤が見つかる。
2 育毛剤の口コミがわかる。
3 日ごろからできる薄毛対策がわかる。

 

 

 

 

市販の育毛剤を買おうと考えている方のために、ぜひ意識してもらいたいポイントです。

 

 

これを読めば市販の育毛剤選びを外さないという記事内容になっていますので、参考にしてくださいね!


 


 

育毛剤の口コミって信用してもいいの?注意点は?

 

1 医薬部外品以外で禁止されている広告表現に注意!
2 口コミで参考にできるのは、公式HPや楽天、アマゾン!

 

 

口コミって参考にもなるけど、中にはちょっと怪しい口コミも含まれていますよね。

 

市販育毛剤選びで、口コミを参考にしたい方のための参考情報をまとめました。

 

 

1.医薬部外品で禁止されている表現に注意

広告表現の使用が許されているのは、薄毛予防・かゆみ予防・脱毛予防です。

 

 

「発毛効果や髪の毛を生やす」と表現するのは認められていません。

 

 

薬事法違反ということで行政処分の対象となります。

 

 

重要ポイント 医薬部外品の広告表現

〇 認められている表現 薄毛予防、かゆみ予防、脱毛予防等
× 認められていない表現 発毛効果、髪の毛を生やす

 

 

どうして広告表現が規制されているの?

効果を謳って良いのは医薬品のみと決められています。

 

 

医薬品は、正確な検査を行い常に一定の効果があることが証明されています。

 

 

(薬局にある「リアップ」シリーズはミノキシジルを使用しており、広告表現に効果を記すことができます。)

 

これに対し、医薬部外品は人体に対する作用が緩和なものと規定されているので、効き目があるなどの明確な効果を使用することはできません。

 

 

医薬部外品は、医薬品ほどの検査が必要とされていません。

 

 

そのため、広告表現が制限されています。

 

 

医薬品 医薬部外品

  1. 検査検証されている。
  2. 一定の効果が証明。
  3. 効果に対する広告表現ができる。

  1. 医薬品よりも作用が緩和されている。
  2. 効果に対する広告表現も禁止。

 

 

口コミには規制がない!

それにも関わらず、口コミはいろいろ目にする機会が多くあります。口コミまでも法的に規制することはできません。

 

市販の育毛剤を使って発毛を実感したという口コミが多数寄せられているのは、一人ひとりの体質には違いがあり一律に規制ができないのです。

 

ただし、医学的に効果が認められている発毛成分が配合されていないので、髪の毛が生えたという感想を持つ人が必ずしも多いとは限りません。このために育毛剤の口コミの中で、効果に関して記されたものの大部分は嘘の可能性が高いということになります。

 

それでは、市販されている育毛剤の口コミは全く参考資料として利用できないかというと、そんなことはありません。

 

口コミで嘘をつく必要がないからです。具体的には、注文してから商品が届くまでの日数、届いた時の梱包の状態、オペレーターの対応などは嘘をついても書き手にメリットはないので、ある程度信用しても大丈夫です。

 

口コミでは、市販されている育毛剤の良かった点や不満、イマイチだった所を調べることができます。

 

怪しい口コミはこんな感じ!

以下のような、育毛剤の口コミの場合は怪しいかもしれません。

 

  • 使用してすぐに髪の毛が生えてきました
  • 薄毛と呼ばれる状態からフサフサになりました

 

 

 

 


インターネットの普及に伴い、通販の規模も大きくなりました。育毛剤も例外ではありません。

 

 

しかし、買う前には育毛剤を手にとって試せないという難点があります。

 

 

そんな場合におすすめなのが、育毛剤を実際に使ってみた人の感想や口コミを参考にしてみる方法です。

 

 

 

実際に使っていなければ分からないような内容の口コミは重宝します。

 

ズバリ、ネット通販では口コミや感想はおすすめなのです!


 

 

 

 

口コミも簡単に書けるようになり、簡単に調べられるようになりました。

 

 

このような場合、情報源をシッカリと選別しなければいけません。

 

Amazonや楽天のユーザーが増えてから、Internet上で誰でも口コミをのぞけるようにになりました。。

 

 

様々な口コミがでているため、有用となるようなおすすめの口コミも見にします。

 

 

口コミとして参考にできるのはどこ?

 

公式HPの口コミ
Amazonや楽天の通販サイトのユーザー評価(=口コミ)
2ちゃんねる

 

 

 

 

 

通販で売れている育毛剤

通販で売れている市販育毛剤を紹介しています。男性向けの育毛剤が中心となっています。

 

 

チャップアップ

チャップアップは天然成分55種類、アミノ酸系の成分15種類を配合されている市販の育毛剤です。口コミも多く、非常に人気がある育毛剤で、インターネット通販サイトやビジネス雑誌で特集されたりと実績がある育毛剤です。

 

初めて市販の育毛剤を買うのなら、チャップアップをおススメします。

 

タイプ 容量 区分
液体ノズルタイプ 120ml 医薬部外品
通常価格(税込)・送料 定期価格(税込)・送料 返金保証
7,400円・無料※ 7,400円・無料※ 〇※

 

 

 

 

市販のいい育毛剤を選ぶために注意すべきことは?

薄毛や抜け毛といった髪の毛のトラブルの悩みに、セルフケアとして育毛剤を使用するといった方法があります。育毛剤は普通にドラックストアやネット通販などで市販されているため、身近なところで手軽に入手出来て利用できる便利なアイテムです。

 

しかしそんな市販の育毛剤も種類が実に豊富であるために、どれを選べば良いのか悩むこともしばしばあります。

 

育毛剤を選ぶためにポイント

 

1 育毛剤が自分の症状にあっているか否か
2 育毛剤の安全性やユーザーからの評判・口コミが許容できる水準か
3 育毛剤の価格や内容量が妥当か否か

 

ポイント1 育毛剤が自分に合っているか

まず、選ぶポイントとして、自分の症状との適合性を考慮する点です!

 

 

市販の育毛剤は主に4タイプ。自分の症状とすり合わせをしましょう!
  1. 男性ホルモンを抑制するタイプ
  2. 血行を促進させるタイプ
  3. 毛母細胞を活性化させるタイプ
  4. 毛根に栄養を与えるタイプ

 

親族に薄毛の男性がいるといった遺伝的な要因が考えられるケースでは男性ホルモン抑制タイプ、喫煙習慣があったりストレスが多いならば血行促進タイプ、睡眠や食事、運動不足などの生活習慣の乱れが原因の場合には毛母細胞活性化タイプや毛根への栄養補給タイプがおすすめです。

 

 

ポイント2 育毛剤の安全性や口コミが許容きる水準か

安全性や評価などについても確認しておくと良いでしょう。

 

参考となる成分

 

 

またこういった方法で選ぶのも良いですが、他にも年齢や性別などを考慮して自分に合ったものを選ぶのも良いですし、ランキングや口コミなどを参考にしたり、トライアルなどから使用してみるのも良いでしょう。

 

 

気になるものは一度試してみて、使用感や効果を確認してみるようにしましょう。

 

 

ポイント3 育毛剤の価格や内容量が妥当か否か

さらにどんなに高い効果が市販育毛剤に期待できたとしても、価格や内容量によって使い続けるのが難しい場合は意味がありません。

 

 

 

 

 

さまざまな成分が含まれています。市販の育毛剤を選ぶ際には必ず成分表をチェックするのがおすすめです!

 

自分に合った症状への効果的な成分が含まれいてるものを選ぶようしてください。おすすめの成分をとることで、効率的に効果を得やすくなります。

 

失敗や後悔をしなくても済みます!

 

 

通販の育毛剤と薬局の育毛剤は何が違うの?

市販されている育毛剤には大きく分けて2種類があります。

 

1 ドラッグストアや薬局で気軽に購入できる育毛剤
2 通販でしか購入できない育毛剤

 

販路の違い

その一番大きな違いは製薬会社のマーケティング戦略で、大手メーカーや老舗メーカーは育毛剤以外にも医薬品や化粧品などの自社製品がたくさんあるため薬局以外にもさまざまな販路がありますが、育毛剤のみを製造する小規模メーカーは販路を持っていないケースが多く、販売コストを削減するために通販でのみ取扱うケースが多くなっています。

 

医薬品、医薬部外品、化粧品の違い

育毛剤の成分に関しては、薬局で販売している商品のほぼ全てが通販で取り扱う商品と同じ「医薬部外品」か「一般用医薬品」となっており、有効成分と認められた成分を配合されているため血流を促進したり頭皮の皮脂分泌を抑えるといった、間接的に頭髪に働きかけて毛髪の保護や抜け毛の予防を目的としています。

 

育毛剤の価格の違い

通販と薬局では価格にも違いはあります。薬局で購入するメリットは価格の安い育毛剤の種類が豊富にある点です。送料や手数料がかからないために安くなっていたりします。店員を含め利用客が多いため、実際に手に取って箱書きの成分などをじっくり比較したりするのがなかなか困難でもあります。

 

しかし、薬局の育毛剤は知名度の高い大手メーカーなどが製造しているため、漠然としていながらも安心感のある育毛剤を購入できるのが薬局で育毛剤を購入する大きな利点です。

 

通販の場合は育毛剤と分からないような梱包をしているところが多く、配達員や家族にも中身がばれないメリットはあります。しかし、送料や手数料がかかってしまったり、小売に出回っていないために価格が高めになっているのがデメリットです。

 

 

通販の育毛剤の長所や可能性

通販の育毛剤ではデメリットもありますが、長所や可能性もあります。

 

  1. リピーターが多く、口コミもある。
  2. 海外の育毛剤を個人輸入できる。

 

通販の育毛剤は定期購入をすると本品が安くなったり、送料が無料になったり、プレゼントがついたりと定期特典が豊富にあるのが特徴です。

 

そのため、リピーターが多く口コミで良い評価の育毛剤が多い傾向にあるのが通販の特徴です。また、通販では日本で販売されていないジェネリックが多数販売されています。ジェネリックとは後発医薬品で、新薬の特許が切れた後に販売される新薬と同じ有効成分、同じ効き目が期待できる価格の安い医薬品を指します。

 

個人輸入代行業者を利用すれば、海外で効果が確認されている育毛剤を比較的安価で購入するできます。ただし、偽物を販売していたりする場合もありますので、購入の際は事前に慎重な判断が必要になります。

 

以上の理由から、海外製品を除く育毛剤の成分は薬局、通販共にほぼ変わりが無いため、事前にしっかりと確認して購入しやすい方から入手するのをおすすめします。

 

 

市販の育毛剤を買うメリットは?

育毛剤は、ネット通販やドラッグストアや薬局で販売されています。

 

市販育毛剤のメリット

1 気軽に買える。
2 副作用のリスクが少ない。
3 月10,000円未満で続けるられる。

 

気軽に買える。

薄毛対策専用の医療機関とは異なり、手ごろに買えるのが特徴です。

 

ネット通販やドラッグストアや薬局で市販されている育毛剤なら、気軽に買えます。価格がリーズナブルなのと同時に、市販の育毛剤は購入しやすいのでスムーズに育毛対策を始められます。

 

速攻で使いたいという方にはおすすめですね^^

 

自然成分を使用しており、副作用のリスクが少ない

市販されている育毛剤は、副作用がでるリスクを抑える設計になっています。天然成分を使用して副作用がでないように設計されている育毛剤も多いです。自然成分は体の副作用も小さいため安心して使えます。

 

また、ミノキシジルなどのポピュラーな成分を使用している育毛剤は配合割合を5%未満に抑えて副作用がでないように製造されています。

 

月10,000円未満で続けるられる。

市販の育毛剤は価格が安い傾向にあります。薄毛対策のクリニックと比べると差は歴然です。販売価格の安さは、初めて使う育毛剤を購入しやすいメリットにも繋がります。

 

また育毛剤は一度購入して使い切れば、それで終わりではありません。育毛効果を実感するためには、定期的に購入し使い続ける必要があります。継続して使うときに高額な育毛剤を選んでしまうと、効果を感じても経済的な理由で使い続けるのが困難になるでしょう。

 

今後も使い続けるのを前提に考えると、購入しやすい価格で販売されている市販品は魅力です。基本的に、ネット通販やドラッグストアの育毛剤は4,000円〜7,000円が目安となります。

 

 

市販の育毛剤を買うデメリットは?

市販されている育毛剤のデメリットも確認しておきたいところです。デメリットを紹介していきます。

 

市販育毛剤を使う2つのデメリット

1 発毛剤ではないため、発毛は期待できない。
2 添加物も摂取してしまうデメリット。

 

発毛剤ではないため、発毛は期待できない。

育毛に良いとされる成分を含む市販の育毛剤はあります。しかしながら効果があると言っても発毛を強力に促すといったものではなく、抜け毛予防として役立つのがほとんどです。

 

ユーザーが実感している効果と言えば、髪が少し丈夫になった感じがあるなどの曖昧な結果ばかりであり、ボリュームが増えたケースは希です。予防目的で考えるのなら市販の育毛剤も選択肢になり得ますが、生やすことを目標にする場合はデメリットと言えるでしょう。

 

口コミでは、よく髪が全然生えないじゃん!といった口コミを見かけることがあります。しかしながら、発毛剤ではないためナンセンスな口コミとなるのです。

 

髪の毛自体を生やしたいという方にはおすすめできません。

 

添加物も摂取してしまうデメリット

添加物を含む物が多いのもデメリットとして考えられます。育毛剤は毎日使う物ですので、頭皮への負担にならない物を選ばなければいけません。しかしながらアルコール類をはじめ、紫外線吸収剤、パラベン、香料、着色料など、育毛には本来必要ではない成分が多数含まれている場合もあります。

 

成分によっては単に使い心地を良くするための目的だけで配合されていることもあり、直接的には育毛に役立っていません。さらには無用な添加物によって頭皮へのリスクになってしまうこともあるのです。

 

 

市販育毛剤選びのコツは?特徴と一緒に確認しておきたい!

育毛剤の選び方のコツとしては、配合成分に着目して選ぶということです。現在、ネット通販やドラッグストア等で販売されている育毛剤は多岐にわたります。配合されている成分も様々あります。

 

育毛剤を賢く選ぶためには、この成分にはこのような作用が期待できるといった表記を参考にするのをおすすめします!

 

選び方の参考

発毛狙いで育毛剤(発毛剤)を買う。 ミノキシジル配合の育毛剤を選ぶ。
皮脂のベタつきを解消したい。 エタノールを使用した育毛剤を選ぶ。
頭皮が弱い・敏感肌。 低刺激、自然成分配合の育毛剤を選ぶ。

 

 

発毛させたい方はミノキシジル配合に注目

ミノキシジルを配合している市販の育毛剤を販売している会社には、これに対して実験を行い効果をデータとして証明しているところもあるので、効果が期待しやすいと考えられます。

 

これ以外には、頭皮の乾燥を防ぎ発毛や育毛が行われやすい頭皮作りに対しての効果が期待できる保湿成分が配合されているものも選択肢のひとつに挙げられます。

 

皮脂のベタつきが気になる場合には、エタノールなど清涼作用に注目

たとえば皮脂が過剰に分泌され常に頭皮がべたついているような状態の方と、逆に皮脂の分泌量が少なく頭皮が乾燥している人とでは求められる頭皮のアプローチが異なってきます。
ベタつきが強い人は頭皮の衛生状態を整え、皮脂の過剰分泌を抑制すること、また頭皮に清涼感を与えることが重要です。

 

そのためエタノールなどの清涼感に作用がある育毛剤の方が適していることもあります。

 

肌が強くない方にはおすすめできませんので留意するようにしましょう!

 

皮膚が弱い方は低刺激の育毛剤

皮膚が弱い方は、エタノールの清涼感が逆に乾燥した頭皮に強い刺激となってしまいます。ますます頭皮の乾燥状態が悪化する恐れもあります。

 

育毛剤を使う場合には低刺激で、使い心地がやさしい育毛剤を利用するのが賢い選択となります。頭皮の状態は発毛などが正しく行われるためには非常に重要です。

 

育毛剤の効果は、自分の頭皮の状態と育毛剤の配合成分との相性によって差が出てくるものです。

 

自分に合ったものでなければ使い続けていても一向に効果が出てこないと言うことにもなりかねないので、上記のコツを踏まえて選択するようにしましょう!

 

 

男性が薄毛になる原因は何?

AGA(男性型脱毛症)の特徴として、頭頂部の毛が薄くなり生え際が後退して広がっていくということが挙げられます。

 

3つのAGAの原因

1 ジヒドロテストステロン(DHT)の働き。
2 心身的なストレス。
3 生活習慣の乱れ。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)

ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンです。

 

これは、テストステロンという男性ホルモンが毛包の細胞質にある「5αリダクターゼ」という酵素によって変換された男性ホルモンで、本来は男子の胎児期に外性器の発達を促進させる役割を果たす重要なものです。

 

しかし、このジヒドロテストステロンは毛乳頭の受容体と結合し、思春期を過ぎる頃にはAGAだけでなくニキビや前立腺肥大等の症状を引き起こす悪玉男性ホルモンへと変化してしまうのです。

 

その結果、毛母細胞の活動を低下させて髪の毛が抜ける現象が起きてしまうというわけです。さらに、髪の毛が抜け替わるたびに毛が段々と細くなるので頭皮が薄くなります。

 

不安や不満等の心理的なストレス

人間の毛髪は、頭皮の内部にある毛根と頭皮の外側の毛幹に分かれていて、毛根の根元の毛乳頭に頭皮の毛細血管から栄養が供給され、細胞分裂を繰り返していくことで髪の毛が成長する仕組みになっています。

 

毛髪の成長を促進させる役割を担っている毛乳頭は、ストレスや食生活の乱れによって血行が悪くなったり、ホルモンが過剰に分泌されることでその役割を果たせなってしまいます。

 

血行が悪くなると毛根への栄養補給が妨げられてしまうので、結果として毛髪の成長を阻害する原因となり、ヘアサイクルが乱れて毛髪がしっかりと成長しないまま抜け落ちてしまうのです。

 

生活習慣の乱れ

偏った食事や過度の飲酒・喫煙、運動不足といった生活習慣の乱れも毛髪の成長を妨げる原因となります。肉類や油分を過剰に摂取して血中コレステロールが増加すると、血が粘って末端の頭皮まで血液が行き届かなくなって薄毛の原因に繋がります。

 

髪の成長には、タンパク質やその代謝をサポートするビタミンやミネラルも必要となりますので、栄養バランスの偏った食事ばかりでは髪は育たずに薄毛のリスクが高まります。

 

また、過度な飲酒は肝臓の働きや細胞分裂の機能を阻害してしまうので、タンパク質の不足に繋がり、薄毛の原因になってしまいます。タバコのニコチンは毛間を収縮させる作用があるので、頭皮の血行が悪くなり十分な栄養が髪に行き渡らなくなってしまうので、薄毛の進行に拍車がかかってしまうのです。

 

 

薄毛を対策するために、日頃から意識することは?

薄毛対策をするために、日ごろから意識するべきことをご紹介していきます。

 

なぜ薄毛になってしまうのか?

対策の前に原因について探っていきます。薄毛の進行の仕方は大きく分けて2種類があります。

 

2種類の薄毛タイプ

1 髪の毛の本数は変わらないけれど、髪の毛の一本一本が細くなってきてしまうケース
2 髪の毛の本数自体が減ってきてしまうケース

 

薄毛になる4つの原因

どちらのケースにしても原因は主に4つ考えられます。

 

  1. 血液循環の悪化
  2. 男性ホルモンの増加
  3. 頭皮の緊張
  4. 頭皮の脂

 

原因から導く対策

対策方法を4つに分けて紹介していきます!

 

血液循環の悪化対策

髪の毛は栄養を毛細血管から受け取ることによって成長していきます。

 

血液循環が悪化すると、栄養を受け取ることができなくなってしまうため、髪の毛の成長がストップしてしまいます。

 

そこで 食事が重要になってきます。血液循環の良くなる食べ物、例えば納豆や牡蠣、緑黄色野菜などを取ることによって血液循環が良好になりやすくなります。

 

有酸素運動をすることにより新陳代謝が良くなり、血液循環を良好にし てくれます。

 

男性ホルモンの増加対策

男性ホルモンの抑制も食事改善が重要になります。

 

オススメは豆腐や紅茶です。これらは男性ホルモンの分泌を抑えてくれる働きをしてくれるため薄毛対策には効果的です。

 

頭皮の緊張対策

緊張状態で頭皮が引っ張られ、血液循環が悪くなってしまいます。対策方法としてベストなのが、頭皮マッサージです。

 

頭皮マッサージを行うと頭皮の緊張が和らぎ、血流が良くなります。ただあまり長い時間やったり、強い力でやりすぎては逆効果なので、弱い力で5分程度にしましょう。

 

頭皮の脂対策

頭皮に脂がたまってしまうと、毛穴に詰まることがあり神の成長を止めてしまう原因にもなります。

 

頭皮の脂が多いなと感じている方は、日ごろ使っているシャンプーを脂性タイプのシャンプーを選んでみると効果が期待できるかもしれません。

 

注意してもらいたのは、皮脂が多くない乾燥ぎみの方が脂性タイプのシャンプーを使ってしまうと悪影響になるため注意するようにしましょう。

 

 

薄毛対策をするなら、AGAクリニックの方がいい?AGAクリニックのメリットとデメリットを確認したい!

薄毛に悩む人は多いですが人には言いたくないことなので自分一人で情報を集めたり判断したりすることが多くなります。

 

一番心強い方法としてAGAクリニックに通うことが挙げられますが、メリットとデメリットはどうなっているのでしょうか。

 

AGA対策にもさまざまな方法がありますので、メリットとデメリットをよく考えて、それも含めて自分に合った方法を選ぶようにすると続けやすくなり、結果として実感につながっていきます。無理なくコンスタントに続けることが一番大切です。

 

3つのメリット

1 原因にピッタリあう治療をしてもらえる。
2 効率的に治療ができる。時間のロスがなくなる。
3 精神的な安心感が得られる

 

原因にピッタリあう治療をしてもらえる

薄毛対策をするにも原因はひとそれぞれで、中には複合的な原因の方もいます。それを自分で判断するのは難しいですし、原因に合ったAGA対策をしないと効果が出ないというデメリットもあります。

 

その点、医学のプロである医師がチェックして対策や使う薬などを決めてくれるクリニックには、入り口を間違えないというメリットがあります。せっかく継続して薄毛対策をしていても、適した成分や方法でないと意味がありません。

 

効率的に治療ができる。時間のロスがなくなる。

専門的な見地からしっかりと判断してもらって、ちゃんとあった方法を選ぶことができるクリニックの方が無駄がなく時間のロスが少ないのが魅力です。

 

精神的な安心感が得られる

また、医師ですので専門的なアドバイスをくれたり、疑問に答えてくれるので途中で一人を感じない、不安を解消できるというメリットもあります。

 

薄毛を改善するにはある程度時間を要しますので、途中で不安になったり、これでいいのか、今どんな状態になっているのかなど疑問が出てきます。それがクリニックなら質問ができるので解消したり、よりよい生活スタイルに変えるなど環境面や精神的な負担も改善できるメリットがあります。
(多くの方が口コミを残しています。精神的な支えという点では口コミからも信用できるのがわかります。)

 

3つのメリット

1 通院の手間がかかる。
2 治療費がかかる。

 

通院の手間がかかる

逆にAGAクリニックでは通う手間がかかってしまうデメリットがあります。市販の育毛剤などは自宅で自分の空き時間でできますが、AGAクリニックは基本的に予約制ですので、予約を取る手間、実際に出向く手間が発生します。

 

仕事やプライベートの予定と両立しながらになるのでスケジュール管理が大切になってきます。

 

治療費がかかる。

デメリットとして治療費が発生してしまう点も挙げられます。今は多くのクリニックが出てきたので比較して選ぶことができるようになっていますが、準備はしておいた方が無難でしょう。

 

 

育毛剤と発毛剤の違いについて確認しておきたい!

薄毛対策を考えた時に育毛剤や発毛剤の購入を検討する人は多いでしょう。

 

しかし、いざ購入しようとすると商品の名称に違いがあり、どれがいいのか分からなくなってしまいます。

 

育毛剤と発毛剤の存在は知っていても、その違いを正しく理解できている人は多くありません。しかし違いを理解して選ばないと自分の頭皮に適した効果は期待できません。

 

育毛剤について

今ある髪の毛を守り育てたいなら育毛剤を使用します。頭皮環境を整えて抜け毛を防ぎ、弱った髪の毛を太く強く育てることができます。

 

毛母細胞活性化、男性ホルモン抑制、血行促進、皮脂分泌抑制など主に4つの種類の育毛剤があり、薄毛の原因に合わせて選べます。薄毛予防が目的なので、薄毛が気になってきた人におすすめできる商品です。

 

発毛剤について

薄くなった頭皮に新しい髪の毛を生やしたいなら発毛剤を使用します。悪化した頭皮環境の毛母細胞を活性化させ、発毛を促ことができます

 

飲むタイプと塗るタイプがあり、飲むタイプはより高い効果が期待できます。薄毛治療が目的なので、薄くなった頭皮に悩んでいる人におすすめできる商品です。

 

育毛剤と発毛剤の大きな違いは?

大きな特徴としては有用成分の違いです。発毛剤には、発毛促進成分ミノキシジルが配合されています。

 

医薬品に分類されるので、発毛効果の高さはありますが、価格が高め、副作用もあり、病院または薬剤師がいる薬局・ドラックストアでしか購入できません。

 

誤った口コミに注意!

口コミの中には、発毛目的で市販の育毛剤を使用したけど効果が全くなかった!

 

という口コミがあります。

 

この口コミは、育毛剤と発毛剤の区別がついていない方の書き込みです。口コミを読む際には、違いにも注意しましょう!

 

手軽さを求めるのなら育毛剤です!

手軽さを求めるのなら育毛剤がおすすめです。

 

発毛効果は低いですが、価格はピンキリ、副作用は基本的にはありませんし、ドラッグストアで簡単に購入できます。

 

ただ、育毛剤に髪の毛を生やす効果がまったくないとも言えません。そもそも頭皮環境が悪化していることが薄毛の原因なら、育毛剤で頭皮環境を改善することで髪の毛が生えやすい土台を作れば新しく髪の毛が生えてくることも期待できるのです。

 

効果が期待できるケースとして、血行不良や皮脂による頭皮の悪化なら育毛剤による発毛も不可能ではありません。そのためには生活習慣の見直しも必要です。

 

逆に男性ホルモンの影響による薄毛の場合は発毛剤を使用しないと改善は厳しいでしょう。

 

本気で悩んでいるなら医師に相談すべきですが、とりあえずの対策として検討するなら育毛剤から使用してみるのがおすすめです。